2012年03月17日

『目をそらしたら負けよゲーム』!の巻



電車の中にて。
たまにやるゲームがある
『目をそらしたら負けよゲーム』だ。
車内に入り
相手を選び
ずーっと見る
目が合ってから、ゴングがなる!
チキンハートの僕は
すぐに心が折れそうになるが
それでも見る。
そらしたら負けだかんね!
勝った時の喜びは
それほどでもない。
むしろ、負けた人が
『え?何だったの今』的な感じで
更に、強くなってこちらを見ている

相手からしてみりゃ
いきなりリングに上げられたわけだから
たまったもんじゃない!

でも、やってしまう
もはや、この
『目をそらしたら負けよゲーム』は
癖なのかもしれない。

しかし、そんなゲームで
たまに最強戦士が現れる時がある
どうあがいても、まったく目を、そらさないのだ。
鋼鉄の目を持ったその男。
主に、部長っぽい顔しているサラリーマンが多い。
まったく動じないその精神は
もはや次元が違いすぎる。
『向こうも、このゲームの経験者か!?』
と、思うが(たまにいる)
いいや、違う
あの、目
あの、深い目は・・・
なんか、すごい目だ
『そんな若僧のゲームなんか、どーでもいいんだよ。こっちは今、家庭や仕事の問題で大変なんだ』
的な目
なんでそんなにじーっと見るの?と
逆にこっちが思うほどの目
真っ直ぐと、真剣な顔でこちらを見ている。。

そんな目と出会った時は
オイラすぐに目をそらすね。
んで、ゲームは強制終了!!
失礼しやした〜(>_<)
てな感じさ!

さあ!
みんなも一緒に
『目をそらしたら負けよゲーム』
しよう!
自分のチキンハート具合がわかるぜ☆

え?嫌って?
ですよね〜
posted by 山口 森広 at 17:27| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。