2012年01月20日

ジロリアン2〜あの恐怖よ再び!?の巻



去年の4月
僕は初めて
ジロリアンの総本山
三田のラーメン二郎に行った。

そこで
圧倒的な量と油に
僕は完全にノックアウトしてしまった。

そして誓った。

『二度と・・・行くか・・・』と

しかし
誓ってまだ
一年もたたぬうちに
僕の胃袋がざわめき始めた。
『ジロォゥ...』『ジロォゥ...』
と唸り始めた。
僕は、はっとして、自分の感情を疑った。
僕は今、間違いなく
ラーメン二郎に行きたいのだ!!

この抑えられない感情♪
叶えたいよねその欲望♪
一年もたたずにこの症状♪
二郎からの招待状♪
ラーメン対するこの愛情♪
でも君の胃袋ちゃんと頑丈?♪
根性鍛えて強情に戦場♪
へ駆け込め!喰らって即退場♪
アーイエー♪♪

僕はついに
ジロリアン化してしまったのかも知れません。
このラップが、頭から離れません。
ジロリアン達と列び、飯を喰らうことによって
体の中のジロリ菌物質が急速に増え
ジロリアンになると、前に理科の教科書に書いてあった・・・

この世には
三つのリアンがいると聞いた。
一つは、バタリアン
二つは、オバタリアン
そして、
三つめが、ジロリアンだ。
乗り物は、デロリアンだ。

デロリアンを運転しているオバタリアンなバタリアンがジロリアンだったら
こりゃもう神だぜ!






2度目の二郎。


うまかった。

スルスル行けた。

『ニンニク、野菜』と

スルスル言えた。

一回目はあんたに大変だったラーメンが

普通に美味しく頂けた。


大満足!!


僕は、こころに誓った。

『また・・・来ます・・・すぐにでも』と


ジロリアン山口より
posted by 山口 森広 at 09:28| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。